昔のメモリ事情

この年末、SSDの価格が1GBあたり10円になっていることを知り、ふと昔のメモリ事情を思い出してしまいました。

私が高校生の頃(1980年代)、ポケットコンピュータ(関数電卓にプログラム機能が付いたようなもの)を学校に持ち込むことが許されていました。

それで仲の良かった友人達と、簡単なゲームを作ったり、プレイしあったりしていました。

しかし私のポケコンはメモリ(メインメモリ兼ストレージ。SRAM?)が2KBしかありませんでした。

つまり(イメージ的には)ソースコードを2千文字しか打てないということです。

普通に書いていると、すぐにメモリ不足エラーになってしまいます。

それでプログラムを簡潔にしていく訳ですが、最終手段としてはメッセージを端折ることになります。

例えば、

print “1)Fight,2)Magic,3)Run”

のかわりに

print “F/M/R?”

とするなどです。(もう意味が分かりませんね。)

その後のデスクトップパソコンでも、64KBの壁や640KBの壁など、メモリ関連では色々な苦労がありました。

最近はノートパソコンでもメモリ16GBとか、本当に良い時代になったと思います。

K.O