コスト削減の犠牲者

多くの企業で、コスト削減、エコ活動への取り組みがなされている昨今、

わがユニテックでも例にもれず、積極的に活動に取り組むべく、社員へ規定が打ち出されております。

しかしこの取り組みによって、悲しき犠牲者を出してしまったことに、多くの人は気付いていません。。

某日、定時をだいぶ過ぎた夜の時刻。K氏は納期前の追い込みによる残業中、
息抜きのためか必要に迫られてかトイレ(個室)に居りました。

事なきを得、ホッと一息をついたその時、

カチッ・・・

という音と共に城内の照明が消え、窓のない室内は真っ暗闇に。

何が起きたか分からないK氏は無防備状態で不安のまま、

しかしなんとか、あの手この手で脱出できました。

さて、勘の良い方はお気づきかと思いますが、

社内のコスト削減&エコ規定に次の一文が

「トイレは使用者がいない場合は照明を消してください。」

規定をしっかりと守ろうと努力する社員の誰かの仕業です。

しかし、使用者は個室に籠城していることがあります。ご注意を!

社員一同、規定を忠実に守ろうと努力しています。

ユニテックはエコ活動を推進しております。

N.M